7月からの主日ミサについて

コロナ感染者数も減少傾向にあり、また、ワクチン接種率の上昇により重症化比率も少なくなってきています。このままの傾向が続くことが前提となりますが、7月からは主日のミサは1日2回(英語朗読ミサ8時から、日本語ミサ10時30分から)に戻すことを考えています。第1&3週の日本語ミサは(ア~サ行)の信徒、第2&4週の日本語ミサは(タ~ワ行)の信徒の参加を予定しており、多くの信徒の皆様と顔を合わせる機会が多くなることを期待しています。なお、第5週目にあたる7月31日(日)の日本語ミサはありませんので、ご注意ください。